「ジミ・ヘンドリックスの凄さ」唯一無二の表現力をわかりやすく解説します

ジミヘンってどう凄いの?

ジミ・ヘンドリックスは1970年に27歳でこの世を去っていますが、現在も伝説のギターヒーローとして語り継がれています。しかし、実際に聴いてみても凄さがわからなかった方もいらっしゃるはずです。この記事では、ジミ・ヘンドリックスがなぜ凄いのかをわかりやすく解説いたします。理解を深めるために、お役立てください。

現在のエレキギターがあるのは、ジミヘンのおかげなんです!

ジミ・ヘンドリックスってどんな人?

音楽活動名ジミ・ヘンドリックス
本名ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス
生誕~死没1942年11月27日~1970年9月18日
活動期間1963年~1970年
国籍アメリカ

ジミ・ヘンドリックスは、史上最高のロックギタリストともいわれます。1960年代に活躍しました。まずは、ジミ・ヘンドリックスの経歴を紹介します。

ジミ・ヘンドリックスの子ども時代

1942年11月27日、ジミ・ヘンドリックスは、アメリカ・ワシントン州シアトルに生まれました。アフリカ系の父親とアメリカ先住民の母の間に生まれたブラックインディアンです。少年時代はレコードを聴き、独学でギターを学びました。15歳でギターを手にしたジミ・ヘンドリックスは、ブルースやR&B、ロックンロールを聴いてひたすら練習に明け暮れます。

ジミ・ヘンドリックスの青年期

プロミュージシャンとして頭角を現したのは、1960年代に入ってからです。伝統的なブルースを根幹に革新的なロックギターを披露。有名なエリック・クラプトンでさえ「誰もジミ・ヘンドリックスのようなギターは弾けない」と言います。

ジミ・ヘンドリックスが所属したバンドは?
  • ザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
  • バンド・オブ・ジプシーズ

当時は音楽にも人種差別的な考えがありましたが、黒人であるジミ・ヘンドリックスが白人向けのロックスターとして売り出されたのも当時は異例でした。それほどまでに、ジミ・ヘンドリックスは音楽界に革命を与えた存在だったのです。

ジミ・ヘンドリックスの謎の多い死

メジャーデビューから4年、ジミ・ヘンドリックスはギターヒーローとして大成功を収めます。しかし、過密スケジュールやプレッシャーによって精神に不調をきたすように。人間関係の悪化とともに、薬物に依存しました。

そして、人気絶頂期にジミ・ヘンドリックスは27歳でこの世を去ります。死については謎が多いものの、薬物乱用によって亡くなってしまった説が一般的です。

ジミ・ヘンドリックスの凄さとは

ジミ・ヘンドリックスの凄さは、唯一無二の表現力。まだ誰も激しいロックギターをやっていなかった時代に、初めてステージで激しいロックギターを披露したパイオニアです。そのため、現代の激しいロックギタリストのルーツを追求すると、ジミ・ヘンドリックスに行き着きます。

ここからは、ジミ・ヘンドリックスの凄さをより深掘りして解説いたします。

ロックギターの根幹を生み出した

ジミヘンを聴いても、あまり凄さがわからなかったんだけど……

当時は革新的なプレイでしたが、既に影響が広がりすぎた現在では普遍的なロックギターに感じるかもしれません

ジミ・ヘンドリックスは、激しいロックギターの世界観を創造しました。ロックギターといえば、高速オルタネイト・ピッキングやスウィープといったテクニカルな奏法を想像する方も多くいらっしゃるはずです。

そして、ジミ・ヘンドリックスのギターは1960年代当時としては画期的なプレイでしたが、現在聴いてみるとテクニカルさはありません。しかし、ジミ・ヘンドリックスのギタープレイには、激しいロックギターの根幹が詰まっています。つまり、ジミ・ヘンドリックスが登場しなければ、現代のようなロックギターは存在しなかったことになります。

強烈なライブパフォーマンス

ジミ・ヘンドリックスはギタープレイだけでなく、視覚からも人々に衝撃を与えています。強烈なライブパフォーマンスです。

ジミ・ヘンドリックスが行ったライブパフォーマンスは?
  • ステージ上でギターを燃やす
  • 歯でギターを弾く
  • 背面弾き

まさにインパクト大。1960年代の当時も、かなり目立ったはずです。ジミ・ヘンドリックスの刺激的で危ういライブパフォーマンスは、観客を熱狂させました。

繊細な表現力

ジミ・ヘンドリックスのギターは、とても起伏に満ちています。いかにも、ファズっぽい音色の時もあればクリーントーンで優しい音使いの時も。そしてギターの音色だけでなく、手元のニュアンスも多様です。

そもそもジミ・ヘンドリックスは、ギターを手にした時から即興性(アドリブ力)が求められるブルースに傾倒していました。ギターのアドリブには音楽的なセンスだけでなく、スケールの把握や手元のニュアンスなど論理的な思考が求められます。

ジミ・ヘンドリックスのギタープレイは、リフやリード(メロディー)部分以外のアドリブが多いです。ギターソロは、2度と再現できないとさえ言われます。

アドリブで培われたジミ・ヘンドリックスの表現力は、編曲やライブの臨場感、作曲など随所で活かされました。

まとめ:ジミ・ヘンドリックスは唯一無二の表現力で現在も影響を与え続けてる!

この記事では、ジミ・ヘンドリックスの凄さを紹介しました。ジミ・ヘンドリックスはプロデビューから僅か4年、公式アルバムは4枚しか展開していません。しかし、ジミ・ヘンドリックスにまつわるアルバムは100枚以上あると認識されています。

ジミ・ヘンドリックスは、現代でも強烈な影響力を持つギタリストです。ジミ・ヘンドリックスの凄さが少しでも伝われば嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA