「レイ・チャールズの名曲は?」経歴と名盤も詳しく紹介します

レイ・チャールズの名曲が知りたい!

レイ・チャールズといえば「愛さずにはいられない」「我が心のジョージア」「WHAT’D I SAY」が有名です。この記事では、これからレイ・チャールズを聴きたいと思っている方へ向けて、名曲と経歴、名盤を紹介します。

現代ソウルミュージックの礎となったレイ・チャールズの音楽を感じてみましょう!

レイ・チャールズってどんな人?

音楽活動名レイ・チャールズ
本名レイ・チャールズ・ロビンソン
生誕~死没1930年9月23日~2004年6月10日
活動期間1947年~2004年
国籍アメリカ

偉大なミュージシャンには、大体異名がありますよね。レイ・チャールズの異名は、”Genius”(天才)です。日本では、盲目の天才ミュージシャンとも呼ばれます。

レイ・チャールズはなぜ盲目?

レイ・チャールズは、後天的に失明しています。縁内症で6歳頃から視力を失い始めて、最終的に全盲になりました。

レイ・チャールズは映画『ブルース・ブラザーズ』出演している

レイ・チャールズは、映画『ブルース・ブラザーズ』で楽器屋”Ray”の店主として出演しました。持ち曲の「Shake A Tail Feather」を披露しています。

楽器屋”Ray”の現在は?

映画『ブルース・ブラザーズ』で登場したレイ・チャールズの楽器店は、現在はありません。

2020年5月25日、白人警察官が黒人男性を殺害したのをきっかけに起こった暴動で破壊されてしまいました。

映画全体にすると僅かな時間ですが、印象的なシーンです!『ブルース・ブラザーズ』には、他にも音楽界のレジェンドが登場します。ブラックジョークがある程度許せる方なら、おすすめです。

映画『ブルース・ブラザーズ』はつまらない?他作品にない魅力5つを解説

>>映画『ブルース・ブラザーズ』はつまらない?他作品にない魅力5つを解説

レイ・チャールズの経歴

レイ・チャールズが残した代表的な功績は、以下の通りです。

  • ソウルミュージックに多大な影響を与えた
  • ローリングストーンズ誌「歴史上もっとも偉大な100人のシンガー」で第2位
  • 代表曲「わが心のジョージア」はジョージア州の州歌になった

ここでは、偉大な功績を残したレイ・チャールズの経歴を紹介します。

レイ・チャールズの幼少期:6歳で弟と視力を失う

1930年9月23日、レイ・チャールズはアメリカ・ジョージア州アルバニーで誕生しました。6歳頃、洗濯の洗い桶で弟が溺死するのを目撃します。さらに、彼自身も縁内症で徐々に視力を失い始めて、7歳頃には完全に失明しました。

弟の死によるトラウマと盲目で大きなハンディを背負ったレイ・チャールズ。両親は、7歳になった彼をセント・オーガスティン盲学校に入学させます。

レイ・チャールズは、盲学校で音楽知識と演奏技術を学びました。点字による楽譜の読み書きやピアノ・アルトサックス・オルガン・クラリネット・トランペットも演奏できるように。子どもの頃のレイ・チャールズが夢中になったは、ショパンやシベリウスといったクラッシックの他にも、ジャズピアニストのアート・テイタム、ジャズクラリネット奏者のアーティ・ショウです。

そして、才能に溢れる幼いレイ・チャールズを見た『レット・ウイング・カフェ』の経営者ウイリー・ピットマンは、ピアノの道を勧めました。15歳頃、母の死をきっかけにプロミュージシャンの道を志します。レイ・チャールズは学校を中退して、全財産600ドルを持ってシアトルに移住します。

プロミュージシャンとしてシアトルでスタート

レイ・チャールズがプロミュージシャンとして、初めて参加したのはビックバンドでした。その後、小規模編成グループにも参加するように。レイ・チャールズはジャンルに分け隔てなく、貪欲に音楽も奏でました。クラシック、ジャズ、悲壮感のある曲からロマンティックな曲まで。光を失った彼にとって、音楽こそが真実でした。

この時、レイ・チャールズは15歳のクインシー・ジョーンズに出会ってます。17歳当時のレイ・チャールズについて、クインシー・ジョーンズはこのように語りました。

レイは、40歳の大人のようだった。17歳だったのに、女性の扱い方から人生に至るまでなんでも知っていた。

誰にも頼らない、完全に独立した男だった。

ミュージシャンとして着実にキャリアを重ねていましたが、この頃から薬物使用も始まります。

「レイ・チャールズ」としてデビュー

18歳頃(1948年)、レイ・チャールズ名義で「コンフェッション・ブルース」をダウンビート・レーベルからリリース。アトランティック・レコードに移籍するまでの4年間で、40曲以上発表します。翌年1949年には「コンフェッション・ブルース」がR&Bチャートで2位を記録。

なぜレイ・チャールズ?

ミドル級世界チャンピオンのシュガー・レイ・ロビンソンと間違えられるのを防ぐためでした。

「レイ・チャールズ」の活動名は、彼のミドルネームが由来です。

まだ20歳前後のレイ・チャールズですが、この頃の音楽性には若さに似合わぬ落ち着きがあります。ナット・キング・コールやチャールズ・ブラウンといった大御所アーティストにも引けを取らないような上品な雰囲気です。

アトランティック・レコード~ABCレコード

1952年、20代前半のレイ・チャールズは、アトランティック・レコードと契約します。

1959年の「What’d I Say」は、教会音楽ゴスペルと娯楽音楽R&Bの融合が感じられる曲です。そのため信心深いクリスチャンから非難されますが、ビルボードpop100で6位を記録します。

レイ・チャールズは引き続き、あらゆるジャンル(ジャズ・スウィング・ブルース・ゴスペルなど)を取り込んで独自に昇華させました。

1959年にABCレコードへ移籍します。1961年にミリオンセラーを記録した代表曲「我が心のジョージア」を発表。その後も「Hit The Road Jack(邦題:旅立てジャック)」「ワン・ミント・ジュレップ」「愛さずにはいられない」「アンチェイン・マイ・ハート 」といった名曲を続々と誕生させます。

ABCレコードに移籍したのはなぜ?

アトランティック・レコードとの契約が切れたのもひとつの理由ですが、ABCレコードは他にはないほどの好条件を提示しました。

高い印税率はもちろん、レイにマスターテープの所有権まで約束します。

自身のマスターテープを所有したかったレイ・チャールズにとって、とても良い条件でした。

レイ・チャールズは盲目だけど車好きだった?

ABCレコードへの移籍を機に、レイ・チャールズの財力が増します。当時の彼は、年間300本ものライブをこなしながら、レコーディングも行ってました。街から街への移動には、オールズモビル・メルセデスベンツ・フォルクスワーゲン・キャデラックなどの高級車を乗るように。盲目でありながらも、レイ・チャールズはかなりの車好きでした。

晩年期:影響力のあるミュージシャンとして

1960年代後半から、新曲リリースが控えめになります。しかし、偉大な功績が評価され続けました。

1979年、ジョージア州の州歌として「我が心のジョージア」が定められます。1980年には楽器屋Rayの店主として、映画『ブルース・ブラザーズ』に出演。圧倒的な存在が表現されました。

2004年には、レイ・チャールズの生涯を描いた伝記映画『Ray/レイ』が公開。映画制作中には、主演のジェイミー・フォックスへ演技指導を行いました。しかし、レイ・チャールズは映画の公開前に肝臓がんで亡くなります。

完成された映画を観られませんでしたが、レイ・チャールズを尊敬するアーティストたちによる壮大な音楽葬が行われました。

17歳頃に1人全財産を握りしめてシアトルにやってきたレイ・チャールズは、優れた音楽的センスで生涯に多くの人に影響を与えました。

彼が残した音楽は、現在も色褪せません。

レイ・チャールズの名曲5曲を厳選紹介

レイ・チャールズはソウルミュージック創設者の1人ですが、ゴスペルやブルースの他にも多様な音楽性が感じられるのが魅力です。ここからは、天才ぶりを感じられる名曲をご紹介します。

どの曲から聴くか悩んだときに参考にしてみてください!

我が心のジョージア(1960年)

「我が心のジョージア」は、ジョージア州の正式な州歌となっています。レイ・チャールズの生まれは、ジョージア州。7歳になる頃に失明していた彼が記憶する風景は、ジョージアの景色かもしれません。

クラシカルな雰囲気とレイ・チャールズの深い歌声が素晴らしい曲です。また、この曲で初めてチャート1位を獲得しています。名実ともに成功を収めた曲です。

我が心のジョージアはカバー曲

もともとは、1930年にジャズ楽団のために作曲されました。

レイ・チャールズver.が最も知名度を獲得しています。

Hit The Road Jack(邦題:旅立てジャック)(1961年)

「Hit The Road Jack(邦題:旅立てジャック」もチャート1位を記録しました。ジャジーでリズミカルな雰囲気が癖になります。レイ・チャールズとコーラスガールのコールアンドレスポンスが楽しい曲です。ろくでなしの男と男にブチ切れる女性という歌詞です。

臨場感あるライブ盤をぜひ聴いてほしいです!

愛さずにはいられない(1962年)

「愛さずにはいられない」も、チャート1位を記録しました。カントリーシンガーで有名なドン・ギブソンの代表曲をカバーしています。レイ・チャールズが歌えば、往年の名曲も独特の味わいに。貪欲にさまざまな音楽を追求したからこそ、その時々の表現力が輝きます。

Hallelujah, I Love Her So(1956年)

「Hallelujah, I Love Her So」は、明るい雰囲気が全開の曲です。曲調の明るさに加えて、ポジティブな歌詞が載せられています。ポップス感のある曲ですが、ジャズやロックンロール、R&B、カントリーなど、さまざまな要素が感じられる曲です。

Seven Spanish Angels(1984年)

「Seven Spanish Angels」では、カントリーのレジェンドであるウィリー・ネルソンとデュエットしています。Seven Spanish Angelsもまた、チャート1位を獲得。スローテンポで美しい曲です。レイ・チャールズとウィリー・ネルソンも、曲の雰囲気に合う優しい声で歌ってます。

レイ・チャールズの名盤は?

レイ・チャールズは10代でデビューしていますので、音楽活動期間は約60年ほどです。そのため、世に送った音源は膨大です。ここでは、レイ・チャールズの名盤を紹介します。

What’d I Say(1959年)

出典:Amazon

まず紹介したいのが『What’d I Say』です。このアルバムでレイ・チャールズが人気ミュージシャンの仲間入りを果たしました。

アルバム『What’d I Say』の収録曲は?
  1. ホワッド・アイ・セイ(パート1&2)
  2. ジャンピン・イン・ザ・モーニン
  3. ユー・ビー・マイ・ベイビー
  4. テル・ミー・ハウ・ドゥ・ユー・フィール
  5. ホワット・カインド・オブ・マン・アー・ユー
  6. ロックハウス(パート1&2)
  7. ロール・ウィズ・マイ・ベイビー
  8. テル・オール・ザ・ワールド・アバウト・ユー
  9. マイ・ボニー
  10. ザッツ・イナフ

ヴェリー・ベスト・オブ・レイ・チャールズ(2017年)

出典:Amazon

レイ・チャールズの代表曲を網羅できるベストアルバムもおすすめです。このアルバムで名曲が網羅できます。

ヴェリー・ベスト・オブ・レイ・チャールズの収録曲は?
  1. 我が心のジョージア
  2. アンチェイン・マイ・ハート
  3. ホワッド・アイ・セイ(パート1&2)
  4. ハレルヤ・アイ・ラヴ・ハー・ソー
  5. ヒット・ザ・ロード・ジャック
  6. アイヴ・ガット・ア・ウーマン
  7. ア・フール・フォー・ユー
  8. こぼれる涙
  9. ザ・ライト・タイム
  10. スティックス&ストーンズ
  11. ワン・ミント・ジューレップ
  12. 愛さずにはいられない
  13. ユー・アー・マイ・サンシャイン
  14. バステッド
  15. レッツ・ゴー・ゲット・ストーンド
  16. セヴン・スパニッシュ・エンジェルズ(withウィリー・ネルソン)

まとめ:レイ・チャールズの天才的な感性を感じてみよう!

この記事では、レイ・チャールズの経歴と合わせて名曲と名盤を紹介しました。音楽ジャンルにも人種による分け隔てがあった頃から、ジャンルに分け隔てなく音楽を追求していたレイ・チャールズ。ぜひ、レイ・チャールズ独特の音楽に触れてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA