映画『ブルースブラザーズ』の影響力!心を動かす魅力を考察

映画『ブルースブラザーズ』は、1981年に公開されたアメリカ映画。伝説のミュージシャンが多く出演する映画として有名です。ユーモアや音楽の素晴らしさが他作品では感じられないほど盛り込まれています。よって、『ブルースブラザーズ』は、現在でも大きな影響力を持つ映画です。

この記事で紹介するのは『ブルースブラザーズ』の簡単なあらすじや出演しているミュージシャンです。現在も人々を惹きつけてやまない不思議な魅力も詳しく解説します。

鑑賞している・していないに関わらず、より楽しく『ブルースブラザーズ』を見るために役立てください!

この記事でわかること
  • 映画『ブルースブラザーズ』の簡単なあらすじ
  • 出演している有名ミュージシャン
  • 出演している有名人
  • 映画『ブルースブラザーズ』の魅力

リオ

魅力を知れば何度も見返したくなるはず!

映画『ブルースブラザーズ』とは

『ブルースブラザーズ』は、コメディやミュージカル、アクションなど、さまざまな要素が入り混じっています。アメリカの人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』の人気コーナーを映像化した作品です。

主演の2人、ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドは、サタデー・ナイト・ライブでコメディアンとして高い知名度を獲得していました。

『ブルースブラザーズ』の大きな特徴は、有名ミュージシャンが多く登場すること。2022年時点で故人の有名ミュージシャンも出演します。素晴らしい演奏も披露している希少な姿が見られる映画です。

映画『ブルースブラザーズ』の簡単なあらすじ

ジェイク・ブルースとエルウッド・ブルースは、同じ孤児院で育った兄弟です。2人の素行は良くありません。しかし、生まれ育った孤児院の存続するために「ブルース・ブラザース・バンド」を復活させようと奮闘します。

映画『ブルースブラザーズ』に出演した有名ミュージシャン

ここでは、映画『ブルースブラザーズ』に出演した有名ミュージシャンを紹介します。大物ミュージシャンも多いです。

ジョン・ベルーシ:ジェイク・ブルース

主演の2人のうち、身長が低くみえるほうがジョン・ベルーシです。やや肥満気味に見えますが、軽やかな動きを披露します。

ブルース・ブラザース・バンドでは、ボーカルを担当しています。33歳の若さで早逝したため、既に故人です。彼の人生をフォーカスしたドキュメンタリー映画『BELUSHI ベルーシ』が2021年に公開されています。

▼夭折の天才ジョン・ベルーシをさらに知りたい方はコチラ

ジョン・ベルーシのバク転は本人?褪せない魅力も解説

ジョン・ベルーシのバク転は本人?褪せない魅力も解説

ダン・エイクロイド:エルウッド・ブルース

身長の高いほう(画像右側)がダン・エイクロイドです。ブルース・ブラザース・バンドで、ボーカルを担当しています。驚異的な運転技術の持ち主です。

作中では、低く渋みのある声を披露しました。『ブルースブラザーズ』の他にも、『ゴーストバスターズ』シリーズでも活躍しています。

ジェームス・ブラウン:ジェームズ牧師

ソウル歌手であるジェームス・ブラウンは、牧師として登場します。主人公2人に大きな影響を与えるシーンで登場しました。尊いパワフルな歌声を披露しています。

キャブ・キャロウェイ:カーティス

カーティスは、ジェイク・ブルースとエルウッド・ブルースの幼い頃に面倒を見ていました。カーティスを演じているのは、大物ジャズシンガーのキャブ・キャロウェイです。

作中では代表曲『ミニー・ザ・ムーチャ』を披露しました。強さとのびやかを備えた歌声、そしてダンス。同じステージに立ったミュージシャンが純粋に楽しんでいるように見えました。

アレサ・フランクリン:マット・マーフィの妻

マット・マーフィの妻は、ソウル歌手の女王とも呼ばれるアレサ・フランクリンです。ソウルフルで美しい歌声に敬意を称して、「クイーン・オブ・ソウル」や「レディ・ソウル」とも。

アレサ・フランクリンは、女性アーティストとして初めて『ロックの殿堂』入りを果たしたミュージシャンです。女性の活躍が難しかった時代に高い評価を得ています。作中でも、代表曲『Think』を披露しています。

レイ・チャールズ:楽器屋レイの店主

楽器屋レイの店主は、ソウルミュージックの創設者として有名なレイ・チャールズです。前情報なく鑑賞していると見逃してしまいますが、レイ・チャールズは目が見えません。作中でも見事な歌声演奏を披露しました。深みのある歌声とファンキーなピアノは圧巻です。

ジョン・リー・フッカー

 

ジョン・リー・フッカーは、ブルースシンガー&ギタリストです。登場した時間は僅かですが、格好良くて印象に残ります。

ジョン・リー・フッカーは、ブギ・スタイル(ブギー)を確立した人物です。ブギーは聞いていると、思わず小刻みにノッてしまいそうな高い中毒性があります。生みの親のジョン・リー・フッカーには「キング・オブ・ブギ」と呼ばれることも。

マット “ギター”マーフィー

 

マット “ギター”マーフィーは、ブルースの名ギタリストです。ブルース・ブラザース・バンドのギタリストとして登場します。

映画『ブルースブラザーズ』に出演した有名人

映画『ブルースブラザーズ』は、大物ミュージシャンが大勢出演しています。よく見ていると、ミュージシャンではない有名人も出演している点も注目です。

キャリー・フィッシャー:女優

チャールズ・ネイピア:俳優

スティーヴン・スピルバーグ:映画監督

ツイッギー:モデル

ジョン・キャンディ:俳優、コメディアン

映画『ブルースブラザーズ』が現代でも影響力を発揮しているのは独特の魅力

映画『ブルースブラザーズ』は、現在も根強い人気映画です。エンターテインメントの楽しさがひたすら詰まっています。

ここで紹介するのは、現在も高い人気を誇る『ブルースブラザーズ』の魅力です。『ブルースブラザーズ』の凄まじい影響力をご覧ください。

きわどい笑いが楽しめる

『ブルースブラザーズ』は、コンプライアンス重視で考える現代では作れない映画。なぜなら、ブラックユーモアが頻繁に登場するためです。

人種や政治思想、子どもに対して、鑑賞者が予想できない行いをします。危うい部分なのに、明らかに笑えるシーンとして登場するのが凄いところです。

とにかくパトカーが壊れる

とにかく物が壊れまくります。なかでも特に破壊されたは、パトカーではないでしょうか。『ブルースブラザーズ』では、派手なカーアクションも楽しめます。

破壊されるパトカーは、主人公2人の危うさを盛り立てているかのよう。1台2台のパトカーが派手に壊れるのではありません。凄まじく壊れていきます。

主人公2人が破天荒すぎる

『ブルースブラザーズ』の本筋は、ジェイク・ブルースとエルウッド・ブルースが孤児院を救うための物語です。それだけ聞くと「感動する映画なのかな?」と思いますよね。

鑑賞していると楽しさと凄まじさで本筋を忘れかける映画です。主人公2人は善行をするはずですが、ごく自然に悪行を重ねていきます。

伝説のミュージシャンが登場する

『ブルースブラザーズ』には、レジェンドと呼ばれるミュージシャンがたくさん登場します。場面に合わせて歌や演奏も披露してくれるので、名前や評判を知らなかったとしても凄まじさを感じられるはずです。

現時点で、故人となった大物ミュージシャンが元気な姿で登場します。希少な姿や声、音楽を感じてみましょう。

音楽の影響力は素晴らしいと思わせてくれる

作中ではブラックジョークや破壊が炸裂します。ひたすら楽しさと破壊が詰め込まれていながらも、根幹には音楽へのリスペクトがあるのが『ブルースブラザーズ』です。

大物ミュージシャンが歌や演奏を披露するシーンでは、音楽の影響で人の心が動いています。音楽に対するメッセージ性をよりわかりやすく感じられるのは、エンドロール。

『ブルースブラザーズ』のエンドロールでは、1つの曲(エルヴィス・プレスリーの監獄ロック)を登場した全員でソロ回しのように歌います。

ソロ回しのように……というのが、ポイントです。ここで突然ですが、映画の終わりと音楽ライブイベントの終わりに共通する部分は何だと思いますか?答えは「楽しめていればいるほどに、ラストは寂しい気持ちになる」です。

『ブルースブラザーズ』では、監獄ロックを歌いながら登場人物が再度現れます。ここでは音楽ライブイベントの終わりのように、もう一度だけ鑑賞者を楽しませてくれるのです。

作中で歌や演奏を披露する大物ミュージシャンたちは、どちらかといえば登場人物たちのほうを向いていました。エンドロールでは鑑賞者のほうを向いています。作中の登場人物たちが音楽の影響で心が動いたように、次はあなたの番!……と感じられますね。「Everybody Let’s rock!」

▼エルヴィス・プレスリーの凄さを知りたい方はコチラ

「エルヴィス・プレスリーの凄さは?」経歴や功績、おすすめの曲も詳しく解説

「エルヴィス・プレスリーはどう凄い?」功績とおすすめの曲を解説

まとめ:映画『ブルースブラザーズ』は強烈な雰囲気とパワフルな音楽がひたすら楽しい映画!

この記事では、映画『ブルースブラザーズ』の簡単なあらすじや出演している有名ミュージシャン、出演している有名人、ブルースブラザーズの魅力を紹介しました。

独特で多面的な魅力のある映画です。音楽の素晴らしさというと、キラキラした雰囲気に感じる方もいらっしゃるかもしれません。「そういうキラキラした雰囲気は苦手……」という方も、ご安心ください。ひたすら強烈で、どこからくるかわからない笑いとパワフルな音楽が楽しめます。

ぜひ、映画『ブルースブラザーズ』でしか味わえない強烈さを楽しんでみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA