本ページは広告・PRが含まれています

月経カップを仕事中に使える?出先での交換方法・注意点を詳しく解説

「月経カップを仕事中に使いたい」「外出先でも使えるか不安」

結論、月経カップは仕事中・外出先にも利用できます。

ただし失敗しないためには、慣れやスムーズな交換方法の認識が大切です。

この記事では、月経カップを仕事中に使うポイントを詳しく解説します。

出先での交換方法や注意点も解説しますので、月経カップを仕事中に使用するか迷っている方は参考にしてください。

運営者
運営者

使い方に慣れると、本当に快適です!

月経カップの扱いに関する注意点

お持ちの月経カップの取り扱い説明書に従ってご利用ください。

月経カップを仕事中に利用するポイント

月経カップを仕事中に利用するポイントは、以下のとおりです。

月経カップを仕事中に利用するポイント
  • 自宅で扱いに慣れておくのはマスト
  • 準備物を用意する
  • 職場で交換する流れ・時間を想定しておく

それぞれ詳しく解説します。

自宅で扱いに慣れておくのはマスト

月経カップをスムーズに扱うには、ある程度の慣れが必要になります。

自宅で月経カップのスムーズな出し入れができるよう練習しましょう。

個人差はあるものの、1回目の使用で取り出しがスムーズにできる人は少ないです。

月経カップを使った経験がないなら、適不適を確認するのも有効です。

以下の記事では、月経カップのデメリットを解説しています。

月経カップのデメリットを確認して、購入前に向き不向きを確認してみましょう。

月経カップはやめたほうがいい?デメリットからみた向き不向きを詳しく解説

準備物を用意する

月経カップを職場などの出先で交換する場合、本当に慣れるまでは準備物を用意しておくのがおすすめです。

何も用意しなくても交換できるものの、準備物を用意しておくと手の汚れなどをフォローしやすくなります。

準備物は、以下のとおりです。

準備物の種類役割
ノンアルコールのウェットティッシュ・経血で汚れた手を拭く
・性器周りを拭く
予備の月経カップ・交換用
・落とした場合の予備
チャック付きのポリ袋・使用済みの月経カップの持ち帰り用

経血で汚れた手を見られるのが気になる場合には、ノンアルコールのウェットティッシュを用意しておくほうが無難です。

トイレットペーパーで手を拭くのは不可能ではないですが、粘度の高い経血を薄いトイレットペーパーで拭き上げるのは意外に困難です。

また、予備の月経カップは必ずしも用意しなくても問題ありません。

月経カップの中身を便器に捨ててから、再度同じ月経カップを挿入しても問題ないためです。

使用後の月経カップを挿入するのは抵抗がある場合や、落下が不安な人は予備を用意しましょう。

職場で交換する流れ・時間を想定しておく

仕事中のシチュエーションや自分の経血の量を踏まえて、月経カップを交換する流れを想定しておくことが大切です。

交換のタイミングや交換時の流れを想定しておくと、焦りから生じる月経カップの交換時の失敗を予防できます。

月経カップの交換時の失敗
  • 月経カップを落としてしまう
  • 服を汚してしまう
  • 職場の人に経血で汚れた手を見られてしまう

ただし、月経カップの交換は慣れている人が落ち着いて交換できればそこまで時間はかかりません

むしろ経血のにおいが気にならず最長12時間※ 利用できるため、交換が難しい職場環境でも快適に利用しやすいです。(※個人差あり)

環境や自分にあわせて、月経カップを活用してみましょう。

月経カップを外出先で交換する方法・流れ

月経カップを外出先で交換する方法・流れは、以下のとおりです。

月経カップを外出先で交換する方法・流れ
  1. 個室に入る前に手を洗う
  2. 利き手とは反対の手で個室の扉を開ける
  3. 排尿・排便を先に済ませて性器周辺を拭いておく
  4. 利き手で月経カップを取り出して中身を捨てる
  5. そのまま装着または新しい月経カップを挿入する
  6. トイレを出て手を洗う

慣れたら2~3分で完了することが可能です。

それぞれ詳しく解説します。

個室に入る前に手を洗う

月経カップの交換を行う際には、必ず石鹸で手を洗いましょう

手を洗わない状態で膣内に指を入れてしまうと、感染症によって身体に悪影響を及ぼす場合があるためです。

特別な石鹸でなくても、手や身体を洗う普通の石鹸で構いません

ただし、香りが強いなどの刺激が強い石鹸は使用しないほうが無難です。

刺激の強い石鹸の使用を控えることで、膣内への刺激と月経カップの劣化を予防できます。

一般的な手洗い石鹸なら、問題ありません。

利き手とは反対の手で個室の扉を開ける

個室の扉を開ける際には、利き手と反対の手を使います。

理由は、月経カップの取り出しで使う手をなるべく清潔に保つためです。

排尿・排便を先に済ませて性器周辺を拭いておく

月経カップを取り出す前に、排尿または排便を済ませて性器周辺を拭いておきましょう

用を済ませてから行うことで、焦りから生じる失敗を予防できます。

月経カップを適切に挿入できていれば、普段と同じように大小ともに行うことが可能です。

サイズや挿入部分に問題がなければ、多少踏ん張ったくらいでは月経カップが急に出てくることは基本的にありません

用を足したら、トイレットペーパーで性器周辺を拭きます。

利き手で月経カップを取り出して中身を捨てる

月経カップの取り出しは、便座を使用している姿勢で行います。

洋式の場合は座り姿勢で、和式だと跨っている状態です。

便座を使用している姿勢は骨盤がやや内向きになるため、月経カップを取り出しやすくなります。

さらに、経血がこぼれたとしても衣類が汚れにくいです。

便器の上で取り出しを行うと、月経カップを落とさないか不安に感じる方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、滑り止め部分をうまく利用してゆっくりと引き抜けば勢いよく出てくることは少ないです。

取り出したら、月経カップの中に溜まった経血を便器に捨てましょう。

ノンアルコールのウェットティッシュで拭いておくと、見た目もきれいに再利用できます。

運営者
運営者

スムーズに取り出しができるよう、自宅で慣れておきましょう

そのまま装着または新しい月経カップを挿入する

経血を捨てた月経カップまたは新しい月経カップを挿入します。

挿入したあとは、軽い屈伸や腰を前後に動かすなどで月経カップの挿入位置に違和感がないか確認しましょう。

特に、月経カップの開きやステムの向きなどを確認しておくと、勤務時間中に漏れや違和感が生じる心配を低減できます。

ノンアルコールのウェットティッシュをお持ちの場合は、こちらの最終時点で手を拭いておきましょう。

手を拭いておくと個室からでたときに人がいても、手の汚れが気になりません。

個室を出て手を洗う

最後にもう一度手を洗えば、すべての流れが終了します。

月経カップを外出先・仕事中に利用する注意点は?

月経カップを外出先で交換する注意点
  • 最長12時間交換不要だけど個人差がある
  • 交換は溢れるときもあるから服を汚さないようにする
  • 月経カップを入れてることを忘れないようにする

最長12時間交換不要だけど個人差がある

月経カップは、最長12時間利用できるものが多いです。

勤務時間によっては、仕事前に月経カップを装着しておくと退勤までそのまま利用できる場合があります。

ただし、以下のケースに当てはまる場合には余裕をもった交換がおすすめです。

時間に余裕をもって交換したほうが良いケース
  • 経血量が多い
  • 1日を通して交換できるタイミングが少ない

経血がカップから溢れてしまうと横漏れが生じるため、経血量が多い場合には12時間よりも前に交換しましょう。

また1日を通して交換できるタイミングが少ない場合にも、余裕をもって交換するほうが無難です。

月経カップの交換を忘れたまま就寝したり、溢れさせてしまったりするリスクがあるためです。

月経カップは一般的なナプキンと比べると長時間使用できますが、余裕をもって交換するほうが良いケースもあるため注意しましょう。

交換時は服を汚さないようにする

職場などの出先で月経カップを交換するには、服を汚さないように注意する必要があります。

服を汚さないように交換するには、月経カップの扱いに対する慣れが大切です。

どのような力加減でどう引き抜けば良いのかを体感できるまで、自宅で練習しましょう。

月経カップで注意したいこと

ナプキンのようにすぐ使えるわけではない
月経カップを使うなら慣れは必須

月経カップを入れてることを忘れないようにする

「いやいや、そんなの忘れないでしょ……」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、月経カップは適切に挿入できれば違和感がほとんどありません

そのため生理の終わりかけに忘れてしまうと月経カップがずっと入った状態から、TSS(トキシックショック症候群)※を引き起こすリスクがあります。

TSSとは、高熱や低血圧などの重篤な症状を引き起こす危険な急性疾患です。

月経カップでTSSを引き起こすのは、誤った方法で使用した場合に限られます

トラブルを予防するためにも、月経カップを入れっぱなしにしないようにしましょう。

※参考:Integro|月経カップがTSS(トキシックショック症候群)を引き起こす!?

月経カップを仕事中に利用するメリット

月経カップの扱いに慣れることを大変に感じられる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、月経カップは生理中の仕事時間を快適に過ごせるメリットが複数あります

月経カップを仕事中に利用するメリット
  • 肌ストレスがないからデリケートゾーンのトラブルを軽減できる
  • 経血のにおいが気にならない
  • お風呂や温泉に入れる
  • 薄着になってもナプキンの膨らみが気にならない
  • ナプキンを持ち歩かずに済む
  • 一般的なナプキンよりも長時間使用できる
  • ナプキンよりもコスパ良く利用できる

月経カップはナプキンによる摩擦がないため、むれやかぶれ、かゆみといったトラブルを予防できます。

デリケートゾーンのトラブルを予防することで、仕事に集中しやすい状態に整えることが可能です。

また経血のにおいは空気に触れたときに生じるため、膣内に溜めて都度処理する月経カップなら基本的に仕事中ににおいが気になりません。

他にも、仕事中にナプキンを持ち歩かず済むなどのメリットがあります。

月経カップを仕事中に活用してブルーデイも快適に

今回は、月経カップを仕事中に使うポイントを解説しました。

月経カップを仕事中に利用するには、慣れが大切です。

自宅で月経カップの扱い方に慣れておくのはもちろん、準備物や交換する流れ・時間を想定しておく必要があります。

月経カップを外出先で交換する方法・流れは、以下のとおりです。

月経カップを外出先で交換する方法・流れ
  1. 個室に入る前に手を洗う
  2. 利き手とは反対の手で個室の扉を開ける
  3. 排尿・排便を先に済ませて性器周辺を拭いておく
  4. 利き手で月経カップを取り出して中身を捨てる
  5. そのまま装着または新しい月経カップを挿入する
  6. トイレを出て手を洗う
初めての月経カップには、「murmo/マーモ」月経カップ がおすすめです。

murmo/マーモは、着脱しやすさを追求した日本製の月経カップブランドです。

0.1mm単位でサイズにこだわった、折りたたみと引き抜きがしやすい設計となっています。

こだわりの設計によって、時間が限られている仕事中にも使用しやすいです。

またHow Toビデオと公式LINEで悩みの解消が目指せるため、月経カップに慣れるまでをサポートしてもらえます。

月経カップを仕事中にも役立ててみましょう。