本ページは広告・PRが含まれています

凍らせるだけ!簡単プロテインアイスの作り方|ブレンダーなしのお手軽レシピのみ

「プロテインを凍らせるだけで、アイスにできるって本当?」「手持ちのプロテインをアレンジしたい」

プロテインアイスはダイエット中のおやつ手持ちのプロテインの味に飽きたときにおすすめです。

この記事では、簡単プロテインアイスの作り方を紹介します。

さっぱりシャーベットから濃厚アイス風まで楽しめるレシピまで紹介しますので、都合にあわせてプロテインアイスを楽しんでください。

プロテインアイスの効果とメリット

まずは、プロテインアイスの効果とメリットをかんたんに解説します。

ダイエット中の気分転換に有効

プロテインアイスは、ダイエット中にアイスが食べたいときに有効です。

たんぱく質の摂取による満腹感が期待できるうえに、アイスを食べたい気分を我慢せずに済みます。

体重制限などでストイックな食生活を送る方も、プロテインアイスなら冷たいスイーツを食べた気分を味わうことが可能です。

たんぱく質を摂取できる

プロテインを凍らせても、飲み物として服用したときと同じようにたんぱく質を摂取することが可能です。

市販のプロテインアイスの原料には乳清たんぱくが使用されており、たんぱく質含有量が表示があるためです。

食感や体感温度は変化しても、凍らせたプロテインからたんぱく質を摂取できます。

甘さやカロリーを調整できる

好みの味の追求や甘味料を避けることも、自作プロテインアイスなら目的にあわせておこなえます。

市販のアイスに近い味を再現するには、甘いプロテインの使用がおすすめです。

反対に、カロリーや糖質が気になる場合には甘くないプロテインを使用するのも良い方法です。

甘くないプロテインがベースでも材料やトッピングへのこだわりで、簡単に満足度を高められます。

甘くないプロテインにおすすめはある?|スープやバーなどのタイプごとに選出

凍らせるだけの簡単プロテインアイスの作り方

自作プロテインアイスは、通常のプロテインを作る材料だけでも手軽に楽しむことができます。

しかし、求める風味にあわせて適した材料があるのは確かです。

目的や冷蔵庫事情にあわせて、プロテインアイスを楽しんでみましょう。

ここからは、凍らせるだけの簡単プロテインアイスの作り方を紹介します。

シェイクしたプロテインを凍らせてお手軽アイスキャンディ

水やお好みのミルクでシェイクしたプロテインをそのまま凍らせると、アイスキャンディとして楽しめます。

シェイクしたプロテインを凍らせる基本的なプロテインアイスの作り方
  1. 水またはミルクを用意する
  2. パウダープロテインを1に混ぜてシェイクする
  3. アイスキャンディメーカーなどの容器に2を入れる
  4. 冷凍庫で3時間以上冷やし固めて完成

そのまま凍らせると、シャリシャリとしたシャーベットに近い味わいです。

次の項目からは、プロテインのフレーバーごとにプロテインアイスのおすすめレシピを紹介します。

フルーツ味プロテインなら水割りを凍らせるだけでさっぱりシャーベット

イメージ画像

フルーツ系のフレーバープロテインの場合、水でシェイクしてあと凍らせるだけで美味しいシャーベットとして楽しめる場合があります。

シェイクしたプロテインでさっぱりシャーベットの作り方
  1. パウダープロテインと水に混ぜてシェイクする
  2. アイスキャンディメーカーなどの容器に2を入れる
  3. 冷凍庫で3時間以上冷やし固めて完成

フルーツミックス味やストロベリー味、オレンジ味などのフルーツ味のプロテインが好相性です。

またお手持ちのプロテインがフルーツ味以外の場合には、コーヒー割りにするとそのまま凍らせても楽しめる場合があります。

そのまま凍らせてプロテインアイスを作る場合には、フルーツ味またはコーヒー割りがおすすめです。

プロテインのコーヒー割りの作り方|効果を目指すための注意点も詳しく解説

チョコ味や抹茶味ならヨーグルトと混ぜるとなめらかプロテインアイスに

イメージ画像

プロテインをヨーグルトと混ぜて凍らせると、なめらかなプロテインアイスになります。

ギリシャヨーグルトや水切りヨーグルトを使用する場合には、牛乳や水を足してやわらかくしてから冷凍庫で冷やしましょう。

ヨーグルトとプロテインでなめらかプロテインアイスの作り方
  1. ヨーグルトとパウダープロテインを混ぜる
  2. 冷凍庫で冷やし固める
  3. よりなめらかに仕上げるなら1時間おきにかき混ぜる
  4. 冷凍庫で合計3時間以上冷やし固めて完成

ヨーグルトをベースに使用することで、完成したアイスが硬くなりすぎません

また、都合があえばヨーグルト容器をそのまま利用できるのもメリットです。

おすすめのフレーバーは、抹茶やココア味、フルーツ味などです。

冷蔵庫にヨーグルトがある場合には、プロテインと混ぜてなめらかなアイスにしてみましょう。

冷凍バナナとミルクとプロテインで濃厚アイス風

イメージ画像

冷凍バナナとミルク、そしてプロテインをあわせると、濃厚アイス風のプロテインアイスを楽しめます。

ダイエット中や体重制限中でも、濃厚なアイスを楽しみたい人におすすめです。

冷凍バナナとプロテインの濃厚アイス風
  1. バナナの皮をむく
  2. バナナとお好みのミルクをジプロックなどの丈夫な袋に入れる
  3. 2を好みの状態になるまで揉み潰す
  4. 冷凍庫で3時間程度冷やし固める
  5. プロテインとあわせる

バナナを冷凍する前に潰しておくと、ブレンダーやミキサーを使わなくてもやわらかい冷凍バナナを作ることができます。

バナナの自然な甘みがあるため、甘味料を足さなくても甘いアイスを食べているような味わいを楽しめるのもメリットです。

さらに、あわせるプロテインのフレーバー次第で様々な味を楽しめます。

淡泊なプレーン味から甘いチョコやフルーツオレまで、さまざまなフレーバーと好相性です。

好みの方向性にあわせて、濃厚アイス風のプロテインアイスを楽しんでみましょう。

ナッツや冷凍フルーツを入れるとより本格的に

イメージ画像

プロテインアイスは、ナッツや冷凍フルーツ、コーンフレークなどのトッピングとあわせて味や食感に変化をつけることも可能です。

他にも、抹茶やチョコがあれば味の方向調整もできます。

プロテインアイスはたんぱく質の補給だけでなく、アイデア次第でさまざまな味が楽しめる創造的なデザートです。

おうちにあるものをトッピングに利用して、あなただけのプロテインアイスを楽しんでみましょう。

自作プロテインアイスで大切なポイント

思いつきを試すと新しい美味しさに出会えるかも

凍らせるだけの簡単プロテインアイスを作るときのポイント

凍らせるだけの簡単プロテインアイスを作るときのポイントは、以下のとおりです。

凍らせすぎると硬くなりすぎる場合がある

プロテインアイスを凍らせる時間の目安は、約3時間です。

外気温や冷凍庫の温度である程度左右されるため、不安な場合には1時間おき程度に確認しましょう。

アイスキャンディをバーにするならアイスキャンディメーカーがおすすめ

硬めのプロテインアイスは、アイスキャンディメーカーで見栄え良く作ることができます。

アイスキャンディメーカーは、100均でも購入が可能です。

しかし夏場になると売り切れやすいため、確実に入手したい場合にはネット通販での購入がおすすめです。

運営者
運営者

アイスキャンディメーカーは

ジュースを凍らせて楽しむこともできます!

市販のアイスにプロテインを混ぜるメリットはある?

市販のアイスにプロテインを混ぜるメリットは、以下のとおりです。

市販のアイスにプロテインを混ぜるメリット
  • たんぱく質を摂取できる
  • プロテインの味を変えられる

たんぱく質を摂取できるけどダイエットには不向き

市販のアイスにプロテインを混ぜると、間接的にプロテインを摂取できます。

しかし市販の甘いアイスは基本的に糖質が多く含まれるため、ダイエット中なら注意が必要です。

たんぱく質を摂取できるとしても、アイスによって高カロリーとなってしまいます。

間接的にたんぱく質を摂取できますが、ダイエット中だとカロリーオーバーとなる場合があるため注意しましょう。

プロテインの味が合わない場合のアレンジができる

市販のアイスにプロテインを混ぜると、味を変えられます

味がどうしてもあわない場合や飽きてしまったときには、手持ちのプロテインを消費する手段として有効かもしれません。

しかし、あくまでも味に着目した場合のメリットとなります。

日々服用するためにプロテインと市販のアイスを混ぜると、太ってしまう場合があるため注意しましょう。

プロテインアイスは凍らせるだけで簡単にできる

今回は、簡単プロテインアイスの作り方を紹介しました。

基本的にプロテインアイスは材料をあわせて、凍らせるだけで作ることが可能です。

目的にあわせて、自由にプロテインアイスを楽しんでみましょう。