名作映画『レオン完全版』がなぜか気持ち悪いのは愛の種類という考察

映画レオン』は、名作映画として頻繁に名前が挙げられます。孤独や貧困、厳しい状況にある人間も愛を感じられると心を揺さぶられる映画です。しかし『レオン 完全版』の一般向け試写会は不評でした。『レオン 完全版』は「気持ち悪い」と感じた方もいらっしゃいます。

なぜ気持ち悪いと感じるのは、『レオン 完全版』で愛の描かれ方にヒントがありました。この記事では、『レオン 完全版』に登場する愛の種類を解説します。

この記事でわかること
  • 映画『レオン』の簡単なあらすじ
  • 映画『レオン』の登場人物とキャスト名
  • 映画『レオン』と『レオン 完全版』の違い
  • 映画『レオン 完全版』に登場する愛の種類
  • 映画『レオン 完全版』が鑑賞できるサブスク

映画『レオン』とは

主人公:主演 レオン・モンタナ:ジャン・レノ
監督 リュック・ベッソン
脚本 リュック・ベッソン

映画『レオン』は、1995年に公開されました。アクションに分類されますが、ヒューマンドラマ要素も比較的高めです。日本で公開された時のキャッチコピーは「凶暴な純愛」。公開から30年が近いですが、現在も名作映画としてよく名前が挙がる作品です。

また、リュック・ベッソン監督の初ハリウッド映画でもあります。製作会社はそこまでヒットを期待してませんでしたが、予想外の大ヒットを記録。主演のジャン・レノ、ヒロインを演じたナタリー・ポートマンも本作をきっかけに高い知名度を獲得しました。

映画『レオン』の簡単なあらすじ

レオン・モンタナは、冷徹な殺し屋。しかし、ある出来事をきっかけに孤独を抱える少女・マチルダと生活するようになります。

映画『レオン』の主要キャスト

役名 キャスト名
レオン・モンタナ ジャン・レノ
マチルダ・ランドー ナタリー・ポートマン
ノーマン・スタンスフィールド ゲイリー・オールドマン
トニー ダニー・アイエロ
マルキー ピーター・アペル

主人公レオンを演じたのは、フランス出身の俳優ジャン・レノです。『ミッション:インポッシブル』や『ダ・ヴィンチ・コード』など、本作以外の有名作品にも多く出演しています。

ヒロインのマチルダは、人気女優として有名なナタリー・ポートマンが演じました。映画『レオン』に出演した時の年齢は、12歳。さらに映画『レオン』がスクリーンデビュー作品でした。

映画『レオン』と映画『レオン 完全版』の違い

映画『レオン』には『レオン 完全版』の2つが存在します。地上波で放送されるのは、映画『レオン』(通常版)です。『レオン 完全版』には通常版にはない22分間の未公開シーンが追加されています。

22分間の未公開シーンには、コンプライアンスを重視する現在では一般公開できないような刺激の強い内容があります。

リュック・ベッソン監督が公開したかったのは、未公開シーンを含む『レオン 完全版』でした。しかし、マチルダ(ナタリー・ポートマン)は未成年であり、少女。いくら映画の世界でも、問題になります。

実際に、一般向け試写会で一部の鑑賞者から「不健全である」と声が挙がりました。よって、刺激の強いシーンがカットされた映画『レオン』が公開されました。

ナタリー・ポートマンと映画『レオン』

マチルダを12歳で演じたナタリー・ポートマンは、現在名実ともに人気女優です。彼女が有名女優になるきっかけに映画『レオン』が挙げられます。自分が有名になった作品なら本来なら嬉しいはず。しかし、ナタリー・ポートマン自身は、複雑な思いを抱えていました。

なぜなら、映画『レオン』に出演後、12歳で大人から性的な目を向けられるようになったためです。当時は現在よりも、キャストへの配慮が欠けていたのかもしれません。13歳になったナタリー・ポートマンは、自身を性的な目で解説された記事を発見してします。

結果、映画『レオン』の出演以降、ラブシーンやセックスシーンのある役を断るようになりました。さらに、プライベートにも影響を与えます。「自分自身の性的な関心は奪われた」とも。

ナタリー・ポートマンは、当時の不快感恐怖を近年公の場で告白しました。30年経過して、出演者や鑑賞者の意識が変化している証でもあります。

映画『レオン 完全版』に登場する愛の種類

愛とは、しょっちゅう耳から入ってくるのに、目には映らない不思議な言葉です。それでも、人間は古代から現在に至るまで愛の存在を信じています。古代ギリシャ人が認識していた愛は、以下の通りです。

古代ギリシャ人が認識していた愛の種類
  • エロス……男女(恋愛)関係の愛
  • フィリア……友人関係の愛
  • ストルゲー……家族関係の愛
  • アガペー……無償の愛

つい一括りに愛と言ってしまいますが、愛は4種類に分けられます。関係性で種類が変化するのが大事な部分。つまり、それぞれの愛は与えられる相手がおおよそ決まっています。

しかし、映画『レオン 完全版』に登場するレオンとマチルダは、4種類全ての愛を30代男性と少女の2人だけで表現しました。愛に限った話ではありませんが、人は一般的からズレ過ぎると違和感を感じます。特に、家族関係と男女関係の愛を混同すると、一般社会なら大問題。

映画『レオン 完全版』を気持ち悪いと感じてしまうのは、一般的でない形で愛が描写されたためでした。

愛は、人の心を動かします。特殊な愛が描かれた映画『レオン 完全版』は、素晴らしい作品には違いありません。賛否はありますが、現在では見られない愛が見られます。

映画『レオン 完全版』が鑑賞できるサブスク

映画『レオン 完全版』が見られるサブスクサービスは、以下の通りです。

なかでも、U-NEXTでの鑑賞がおすすめ。なぜなら、映画『レオン 完全版』は、U-NEXTの見放題動画に含まれるためです。「31日間無料トライアル登録」を済ませればすぐに鑑賞できます。

31日間無料トライアル登録の特典は、以下の通りです。

  • 見放題動画23万本、レンタル動画3万本を配信している→鑑賞できる作品が多い!
  • 31日間無料トライアル登録で、月額プラン2,189円(税込)が31日間無料!
  • 31日間無料トライアル登録すると、600円分のU-NEXTポイントがもらえる!

31日間無料トライアル登録で鑑賞できるのは見放題動画のみ。ポイント作品・レンタル作品は対象外なので、気を付けましょう。

映画『レオン 完全版』をU-NEXTで観る

※本ページの情報は2022年9月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

まとめ:映画『レオン 完全版』はたくさんの愛の種類を表現している!

この記事では、映画『レオン』で描かれた愛の種類を解説いたしました。完全版を観てみたいと思った方は、ぜひお得なU-NEXTを利用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA