「エルヴィス・プレスリーの凄さは?」経歴や功績、おすすめの曲も詳しく解説

エルヴィス・プレスリーは「キング・オブ・ロックンロール」と称されるアーティスト。2022年7月にプレスリーの映画『エルヴィス』が上映されて、音楽ファン以外からも注目を集めてます。

しかし、「エルヴィス・プレスリーってそんなに凄いの?」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。この記事ではそのような疑問を抱いた方へ向けて、エルヴィス・プレスリーの凄さを紹介します。

エルヴィス・プレスリーの凄さ
  • 新しい音楽ジャンルを確立して、人種差別を乗り越えた
  • 史上最も売れたソロアーティスト
  • ファッションと髪型で流行を創造した

リオ

エルヴィス・プレスリーは、現在の音楽にも多大な影響を与えてます!

エルヴィス・プレスリーの経歴

エルヴィス・プレスリーはミュージシャン。そして、俳優も務めたアーティストです。ロックンロールのパイオニアとして有名。功績を称して「キング・オブ・ロックンロール」とも呼ばれます。まずは、エルヴィス・プレスリーの経歴をご覧ください。

エルヴィス・プレスリーの子供時代

エルヴィス・プレスリーは1935年1月8日、ミシシッピ州の貧しい家に誕生します。ギターと出会ったのは11歳。エルヴィスが欲しがったライフルの代わりとして、両親はギターを与えました。

変わった出会いから始まったギターでしたが、すぐ夢中になります。そして、13歳の時に一家はテネシー州メンフィスへ引っ越しました。

MEMO
メンフィスはブルースやソウル、ロックンロールの発祥地といわれています。

少年時代のエルヴィスはメンフィスで、リズム&ブルースを聞いて育ちました。メンフィスへの移住は、結果として彼の人生に多大な影響を与えます。

エルヴィス・プレスリーが大人~デビュー前半

後に世界的なアーティストになるエルヴィスですが、まずトラックの運転手として働きます。人生で音楽が深く関わるきっかけになったのは、母親へのプレゼントでした。

エルヴィスは母親の好きな古いバラードをレコーディングして、プレゼントします。レコーディングに利用したのが、メンフィス・レコーディング・サービス(後のサンスタジオ)でした。

エルヴィスの歌唱力やギターは、すぐ話題になります。噂を聞きつけたメンフィス・レコーディング・サービスのオーナーであるサム・フィリップスと出会いました。サム・フィリップスは、エルヴィスのプロデューサーになります。

1954年7月4日。エルヴィスはプロアーティストとしてデビューシングル「That’s All Right, Mama」をレコーディングします。リリース後は若者から絶大な人気を獲得しましたが、一部では激しく非難されました。リズム&ブルースの要素がふんだんに盛り込まれていたためです。

MEMO
当時は、音楽にも人種による分け隔てがありました。簡潔に言うと、白人が聴くのはカントリー、リズム&ブルースは黒人音楽といった具合です。

しかし転機が訪れます。エルヴィスは、1957年にアメリカの国民的テレビ番組の司会者から大絶賛されました。名実ともに、プレスリーの音楽は世間で肯定的になります。

勢いが加速して「Heartbreak Hotel」が全米チャートで1位を獲得します。まさに、国民的スターです。さらに、プレスリーは俳優としてデビューします。音楽だけでなく、映画界でも名を馳せる大スターになりました。

エルヴィス・プレスリーの晩年期

プレスリーは30代前半で、プリシラ・アン・ボーリューと結婚しました。二人の間に、リサ・マリー・プレスリーが誕生します。しかし、短期間で結婚生活を終えました。

当時はミュージシャンよりも、映画俳優として活躍していたプレスリー。映画編集者と険悪な仲になったのをきっかけに30代半ばで映画俳優に興味をなくします。

再度ミュージシャン活動に精を出していたとき、プレスリーは自宅で突然死しました。プレスリーの死については謎が多く、睡眠薬の誤用が原因だという説が一般的です。

エルヴィス・プレスリーの凄さとは

エルヴィス・プレスリーは後世のアーティストにも多大な影響を与えています。ここでは、具体的にどういった点が凄いのかについて解説しました。

人種差別・ジャンルの垣根を乗り越えた「ロックンロール」

ゴスペル、賛美歌、R&Bなどは、プレスリーが活躍する以前なら黒人音楽だと認知されてました。また、プレスリーは当時を生きた白人です。それでも、純粋で多感な少年時代にゴスペル・賛美歌・R&Bの素晴らしさを感じます。

結果、プレスリーの音楽には、ゴスペル・賛美歌・R&Bの要素が積極的に組み込まれました。激しく非難されましたが、デビュー当初から若者を中心に爆発的な人気を博します。

メンフィスの人気者だったプレスリーですが、全米のスターから世界的なスターにまで上り詰めました。音楽ジャンルの垣根を乗り越えたうえに、人種差別まで乗り越えて、世界的なスターになります。

「史上最も売れたソロアーティスト」という商業的な大成功

エルヴィス・プレスリーは、世界で最も売れたソロポップシンガー。1950年~1970年代の20年で、5億枚以上のCD・レコードが売れてます。もちろん、当時はCD・レコードが売れる時代だったのも要因のひとつです。

しかし、5億枚の記録は未だに破られていません。ギネス記録にも、史上最も売れたソロアーティストと認定されました。

「ファッション・髪型」で流行を創造する

エルヴィス・プレスリーといえば、髪型はダックテール。服装は開襟シャツです。ダックテールと開襟シャツは、1950~1960年代に世界で大流行。当時の流行だけで留まらず、ロカビリーファッションの象徴として現代も認知されています。

エルヴィス・プレスリーおすすめの曲

プレスリーの曲は、ロックンロールからバラードまでさまざま。ぜひプレスリーの曲を感じてみましょう!

Jailhouse Rock(邦題:監獄ロック)

「Jailhouse Rock(邦題:監獄ロック)」は1957年にリリースされました。ご機嫌でノリノリになれるロックンロールです。Jailhouse Rockは全米チャートで8週間連続1位を獲得。

1980年に公開された映画『ブルースブラザーズ』のラストでJailhouse Rockがカバーされています。映画の流れや曲の雰囲気が絶妙に合ってて、愉快なシーンです!

▼映画『ブルースブラザーズ』をさらに楽しく鑑賞したい方はコチラ

映画『ブルースブラザーズ』の影響力!心を動かす魅力を考察

映画『ブルースブラザーズ』の影響力!心を動かす魅力を考察

Love Me Tender(ラブ・ミー・テンダー)

「Love Me Tender(ラブ・ミー・テンダー)」は1956年に発表されたバラードです。1861年に発表されたアメリカの大衆歌謡「Aura Lee」に、プレスリーが歌詞を入れてアレンジしました。

全米チャートで5週連続1位を獲得。太く甘いプレスリーの歌声が感じられます。

A Little Less Conversation(邦題:おしゃべりはやめて)

1968年に「A Little Less Conversation(邦題:おしゃべりはやめて)」を発表します。どちらかといえば、キャッチーな曲です。しかし、音色はまさしくプレスリー。コールアンドレスポンスや徐々に盛り上がっていく雰囲気がカッコイイ曲です!

まとめ:プレスリーは偉大な「キング・オブ・ロックンロール」!

エルヴィス・プレスリーの凄さは以下の通りです。

  • 人種差別や音楽ジャンルの垣根を乗り越えて「ロックンロール」を創造した
  • 5億枚以上のレコード・CDの売上を記録した「史上最も売れたソロアーティスト」
  • 「ロックンロール」を象徴する髪型・ファッションを創造した

「キング・オブ・ロックンロール」と称されるエルヴィス・プレスリーの凄さは、時代の常識から一新された新しいエンターテインメントを確立させたことぜひプレスリーの作品を感じてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA