軽減税率の意味を超わかりやすく!消費税はなぜ8%と10%がある?

2019年10月から消費税が10%になり、約2年が経過しましたね。

軽減税率って結局どういう意味?」

そんな中で知り合いの口からそんな言葉が出てその場で説明したところ
「その説明超わかりやすい!」と言ってもらえたので、

お金に関する知識に貪欲なただの主婦である私が軽減税率の意味を誰でもわかるくらいわかりやすく解説します!

軽減税率ってどういう意味?

 

軽減税率の意味

 

消費税は基本10%になるけど個人が生活するにあたって必需品として考えられるものは消費税8%のままということ。

 

↑一言で収めるならこういうことです。

 

軽減税率が考えられた理由としては
低所得者が消費税の負担で生活が苦しくならないようにするために考えられました。

マーキング部分をさらにわかりやすく解説すると、
同じ金額の品物を買うにしても人それぞれ使えるお金は違うので同じ金額を払うにしても負担が変わりますよね。

ただ消費税が上がるだけだと低所得者(いわゆるお金をあまり持っていない人)の生活がしんどくなるので軽減税率が考えられたという感じです。

 

消費税についておさらい

・消費税は、商品・製品の販売やサービスの提供などの取引に対して広く公平に課税される税で、消費者が負担し事業者が納付します。
(国税庁ホームページより抜粋)引用元:国税庁

ここでいう消費者とは私達のことです。
どんなに節約をしても生活をしてる限り生きてる限り、物を消費する生活をする限りは消費税は必ず払うものという認識になります。

消費税は1989年に3%から始まり、2019年に10%になりました。
徐々に上がっていってますね・・

軽減税率の対象になる物は?

軽減税率の対象になるとは消費税が8%になるということです。

対象になるのは大きく2つで、
飲食料品、あと新聞です。

しかしこの他にも医療品も対象になるので消費税8%になります。

💡結構この辺りは微妙な違いがありややこしい部分です。

 

微妙な例

・ミネラルウォーターは軽減税率の対象になり消費税8%ですが、
水道代は消費税10%だったり

・飲食店でイートイン(その場で食べること)すると消費税10%で
持ち帰ると食品という扱いになり消費税8%です。

💡飲食店の場合だと殆ど同じモノなのに消費税の違いが生まれてしまいますね・・

軽減税率っていつまでやるの?

軽減税率は特に期限はないので2021年時点で
よっぽどのことがないかぎり暫く続くと考えて良さそうです!

軽減税率で知っておくと良いこと

私達の身近で一番関わりがあることは先述した

外食すると消費税は10%だけど
持ち帰りにすると消費税は8%になる・・

ここでしょうか。

その場で食べても家で食べても良い場合には
持ち帰りにすると少しお得になりますね!

軽減税率の対象外で消費税10%になるもの

・日用品(トイレットペーパー、洗剤、生理用品)
・光熱費

ある意味生活必需品に感じますが軽減税率対象外となります。

理由は軽減税率の対象になる”必需品になるもの”が基本飲食品・新聞に限られているからということです。

まとめ

・軽減税率とは消費税が高くなるにあたって低所得者の負担を軽減するために考えられた。

・基本的には2019年10月から消費税は10%になってるけど軽減税率の対象になるものは消費税が8%になる。

・消費税は1989年に始まったとき3%だったけど2019年に10%になっている。

・軽減税率の対象になるものは基本飲食品と新聞で、対象になるかならないかが結構難しい。

・軽減税率はいまのところ期限が定まってないのでしばらく続く。

・飲食店でイートインすると10%、持ち帰ると8%。

・日用品や光熱費はある意味必需品にあたると考えそうだけどこれらは消費税10%。

なぜ消費税が8%と10%とあるのか。

軽減税率の意味を知ることで明暗が分かれるというほどではないですが、
日本は少子高齢化で税負担は今後ちょっとずつ上がっていくことが予想されるので知ってたほうが良い知識だと思います。

1万円の8%は800円ですが、
1万円の10%になると1000円になってしまいます・・大きい。

 

金額が上がればさらに違いは出ます!

それでは最後まで読んで下さってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA